Ebony and Ivory

好きなことを好き勝手に書き散らかすブログです。

マカオ『Four Seasons』宿泊レポート 2017年10月

2017年10月にマカオの『Four Seasons Hotel Macao 』 に宿泊したのでレポートを残しておきます。ちなみに中国語では『澳門四季酒店』と書きます。澳門はマカオのことで、読み方は日本語で言うとアォメンに近いです。マカオ、という発音ではないのでご注意を。フォーシーズンズと言えば普段は泊まれない高級ホテルのイメージです。マカオでは時期によって安く泊まれるので経験として泊まってみました。

館内レビュー

・ロビー

非常に高級感のあるロビーです。この階段でポージングして写真撮っている人もいました。インスタ映えします。

f:id:marc6:20171015160405j:plain

・客室

客室はキングサイズベッドのデラックスルームです。落ち着きのある内装で僕好みです。何故か浴衣が用意されていました。水、コーヒー(ネスプレッソ)は無料です。写真はありませんが、浴室には洗面台が2基、シャワールーム、バスタブ、個室タイプのトイレ(ウォッシュレットなし)があります。アメニティはロクシタンでした。

f:id:marc6:20171015160645j:plain

 

f:id:marc6:20171015160657j:plain

 

f:id:marc6:20171015160706j:plain

・プール

宿泊客専用の5つのプールがあり、もちろん無料です。勘違いしそうになっていましたが、ホテル内に5種類のプールがある、というよりも一つのエリアに5つのプールがあります。写真では5つのプールがわかりづらいのですが、上の写真に奥から3つ、下の写真に2つ写っています。水位が膝丈までもない浅いプールもあります。

プールは地下(LG階)にあります。部屋で着替えていっても良いですが、プールの横にも着替えるスペースがあります。使い方は受付でカードキーを持って部屋番号を伝えれば簡単に施設の説明をしてくれ、バスタオルを渡してくれます。夕方に訪れましたが、ほとんど人がいませんでした。

ちなみに4階(L04)にスパ(風呂)があり、こちらも無料で使えます。ジャグジー、サウナなどあるので体が冷えたらスパを利用しましょう。

f:id:marc6:20171015161015j:plain

 

f:id:marc6:20171015161034j:plain

・Bercancao

フォーシーズンズの1階に入っているバフェ形式のレストランです。日本語で近い発音だとベルカンサオンと発音するそうです。ネット上の評判が良かったので行きたかったのですが、諸事情で行けず。次回におあずけです。

[営業時間・料金]

朝食 月曜日~日曜日 07:00~11:00 MOP258+

昼食 月曜日~金曜日 12:00~14:30 MOP228+

   土曜日~日曜日 12:00~15:00 MOP328+

夕食 月曜日~木曜日 18:00~22:00 MOP538+

   金曜日~日曜日 18:00~22:00 MOP638+

 

良かった点

・人が少なく落ち着きがある。

マカオに行ったことがある人でないと人の少なさを一番最初にもってくることが理解できないかもしれません。マカオは世田谷区より狭い土地に年間1千万人以上が訪れる観光地です。とにかく人が多いです。隣のヴェネチアンと比べると落ち着きがあります。もはや貫禄とも呼べます。チェックイン・チェックアウト時も1組程度しか待つことなくスムーズに対応してくれました。

・スタッフが親切かつ丁寧

スタッフの対応が他のホテルと全然違います。受付のスタッフが客室まで向かうエレベーターまでの道中をルート説明するだけでなく、エレベーターホールまで直接連れて行ってくれたり、客室説明をするスタッフは僕の名前を呼んでくれました。極めつけは頼んでいないのにサービスでレストランのお菓子とジャスミンティーを提供してくれました。些細なことですが教育が行き届いていることを感じました。

場所

まとめ

マカオのコタイエリアの中で落ち着いたホテルに泊まりたい方におすすめです。また、タイミングが良ければ他の都市のフォーシーズンズと比べて安く泊まれるので是非行ってみてください。

合わせてこちらもどうぞ↓