Ebony and Ivory

好きなことを好き勝手に書き散らかすブログです。

SIMフリー7型タブレット『ASUS MeMO PAD7 ME572CL』用保護カバーを写真付きで紹介する。

 

ここまで『ASUS MeMO PAD7 ME572CL』についての記事を書いてきましたが、今回はアクセサリーについて。

過去記事はこちら↓。

初タブレットとして『ASUS MeMO PAD 7 ME572CL』を選択した理由。2014年、7インチ最強のタブレットでは? - Ebony and Ivory

 

『ASUS MeMO PAD 7 ME572CL』を写真付きで紹介する。~購入レビュー~ - Ebony and Ivory

 

 

『ASUS MeMO PAD7 ME572CL』を買うにあたり、アクセサリーとして液晶保護フィルム、SDカード、保護ケースを買いました。『ASUS MeMO PAD7 ME572CL』の発売から2ヶ月ほど経っていたのですが、LABI新橋店でも専用アクセサリーが全く置いてありませんでした。形の似たNEXUS7用を買って失敗するのも嫌だったので、Amazonにて無難に専用アクセサリーを購入しました。今回は保護ケースについて 、Amazonの商品サイトに載っている写真だけではわからない部分を紹介できたらと思います。

 

 

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー

本体はPUレザー(ポリウレタンの合成皮革)になっており、機能としてはマグネットによるオートスリープ機能、カードスロット(microSD、名刺サイズ)、ハンドストラップ、タッチペンホルダーがついています。

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー 収納

 本体はこの写真のように収納します。写真はまだ途中までしか入れていません。

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー 収納部

完全に収納した写真です。タブレット本体と保護ケースの隙間が少なめにできているのでスカスカではないのと、マジックテープで固定されるので抜け落ちたりすることはなさそうです。

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー microSDカード部

保護カバー装着時もmicroSDカードは抜き差しできるようになっています。(もちろん電源は切ってから抜き差しはしてくださいね。)

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー 電源ボタン-音量ボタン部

 電源ボタンと音量ボタンもしっかり表に出ていて操作感に影響はありません。

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー 底面部

 底面側の写真です。スピーカーとmicroUSB端子が表に出ています。保護カバー装着時も問題なく充電できます。

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー 上面部

 上面側の写真です。スピーカとイヤホンジャックがあります。イヤホンも問題なくさせます。

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー カードケース部

 何に使うのかわかりませんが、カードケースがついています。試しにショップカードを入れてみました。マチがあまりないので紙のカードでもキツイですが、なんとか入ります。一応2ポケットあります。

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー microSDカード部

こちらはmicroSDカードケースに無理やり通常のSDカード(microでない方)を入れようとしている写真です。もちろん入りません。microSDカードしか入らないのでご注意を。

 

Memo Pad 7 ME572C/ME572CL 保護カバー タッチペンホルダー

こちらはタッチペンホルダーの写真です。タッチペンを持ち合わせていないので通常のサクラボールペンを挿してみました。ホルダーの穴が小さいので太いボールペンは入りませんでした。このサクラの細めのボールペンで限界です。

 

まとめ

使い始めて数日経ちますが、オートスリープも問題なく機能しますし、スタンド機能もまあ使えます。レザーの風合いも安っぽくなく値段の割には良いです。ASUS純正の保護カバーが5000円近くすることを考えるとこちらの商品で十分だと思います。

 

 

Bluetoothキーボードを探している方は↓も参照ください。

Android用Bluetoothキーボードを比較してみた - Ebony and Ivory