Ebony and Ivory

好きなことを好き勝手に書き散らかすブログです。

新幹線予約『エクスプレス予約』のススメ

 f:id:marc6:20150308230731j:plain

意外と使っていない人が多い東海道・山陽新幹線予約サービス「エクスプレス予約」について紹介します。

エクスプレス予約』の良いところ

エクスプレス予約の一番の利点はネット予約できることでしょう。新幹線に乗るときは、事前もしくは当日にみどりの窓口か自動券売機で切符を買うこともできます。しかし、エクスプレス予約を使えばネット予約できるようになります。お盆や、正月といった繁忙期でも席に空きがあれば乗車日の1ヶ月前の10:00から予約しておくことができます。

 

  • 切符いらず、ICカードで改札を通れるEX-ICサービス

 エクスプレス予約に申し込むとEX-ICサービスも利用できるようになります。付属のEX-ICカードをスイカ・パスモと一緒にかざすことで新幹線改札を通過できます。切符の受け取りが必要なくなり、在来線から新幹線改札まで券売機、窓口を使うことなくシームレスに改札を通過できます。これがかなり便利です。特に繁忙期の新幹線の自動券売機・窓口は混んで並んでいることがほとんどですが、並ばずにICカードを改札にかざすことで通過できるのです。下の写真が切符の替りに新幹線改札で自動で出てくるICご利用票です。社内を巡回する車掌さんにはこの票を見せて指定席を予約していることを証明します。モザイクで見えませんが、乗車日付、予約席番号などが記載されています。

f:id:marc6:20150308231321j:plain

 
  • 座席指定・予約変更

空きがある場合はネットから 座席指定までできます。さらに地味にうれしいのが無料で何度でも予約変更可能です。出発時間までなら何度でも変更できます。用事が長引いた時など無料で予約変更できるのは非常に助かります。

 

  • その他

地味にうれしいのが券売機・窓口で買う価格より1割弱くらい安くなってます。さらにおまけ程度にポイントサービスもやってます。ポイントがたまるとポイントを使ってグリーン車にグレードアップできます。

 

利用方法

東海道・山陽新幹線がネット予約できるようになる方法は3つ。

いずれも年会費1000 円(税抜)かかります。

この2つはクレジットカードです。クレジットカードを作ることでエクスプレス予約に会員登録ができるようになります。

モバイルSuicaの会員となり、エクスプレスカードもしくはビューカードを持っているとエクスプレス予約に会員登録できるようです。ただしこの場合も年会費1000円(税抜)はかかります。

 

デメリット

  • 年会費がかかる

年会費1000円(税抜)がかかるので、年間を通して新幹線の利用が全くない方にはおすすめできません。ただ、東京~名古屋間を片道利用すると、通常の切符が11090円に対して、EX-IC・EXきっぷだと10110円となり、約1000円は安くなります。東京~名古屋間を一回往復すれば十分元がとれる計算になります。

 
  • 夜間対応していない

ネットのシステムなのに夜間対応していません。受付時間が5:30~23:30となっています。23:30~翌日5:30の間は、夜間受付サービスとして、新規予約の申込だけができ、翌日の朝に予約の確認結果メールがきます。空席がある場合はそのまま予約をとることができます。空席確認のサイバーステーションというシステムも夜間は使えません。意味がわかりません。JR東海さんお願いしますよ。

  

まとめ

東京~名古屋間で年1回以上新幹線に乗る方はエクスプレス予約を使った方がお得になります。東京~名古屋よりさらに距離が遠くなるほどお得になります。