Ebony and Ivory

好きなことを好き勝手に書き散らかすブログです。

ニュースを見て不覚にもドローンが欲しくなったので調べてみた。

首相官邸の屋上にてドローンが見つかったニュースを見て、不覚にもドローンに興味を持ってしまいました。今まではドローンといえば金持ちの道楽程度に考えていましたが、自分のスマートフォンでドローンを操縦したい!という衝動にかられたのでドローンについて調べてみました。そして1万円前後でもドローンが買えることがわかったので紹介したいと思います。

ドローンとは

 無人での飛行が可能な航空機総称いわゆる無人機遠隔操作コンピュータ制御によって飛行する。

ドローンとは - 新語時事用語辞典 Weblio辞書

そもそもドローンとは無人飛行できる航空機のことなので、軍用の大型航空機から趣味用の小型ラジコン飛行機のようなものも無人飛行であればドローンと呼びます。ここでは一般人でも購入可能な趣味用のドローンを扱います。


【みんなで遊ぼう!】あの「AR.Drone 2.0」で空撮!スマホからWi-Fiで操縦する ... 

ドローンの使い道

一般人でも手に入る小型ドローンの使い道として空撮・操縦を楽しむのが一般的のようです。特に最近は空撮が流行っており、動画サイトに色々な空撮動画がアップされています。ドローンを使った空撮動画で僕のお気に入りがこちらです。ドローンを使って花火を間近で撮影しています。


Fireworks filmed with a drone - YouTube

将来的には配送サービス・農業・測定・探索などへの利用が検討されているようです。 

代表的なドローン

 スマホ操縦、FPV可能な Parrot『AR DRONE 2.0』

AR.Drone 2.0 Power Edition (「HDバッテリー」×2本、「カラープロペラ」×3色同梱)

AR.Drone 2.0 Power Edition (「HDバッテリー」×2本、「カラープロペラ」×3色同梱)

 

恐らく日本で一番有名なドローンです。ドローン大手のフランス・Parro社の製品で、一時期TVなどでも紹介されていた『AR DRONE 2.0』。屋内ハル(バンパー)使用時のサイズは515mm×520mm×115mm、重量455gです。エディションによって値段は違いますが、バッテリーを大きくしたPower Editionで4万円ほどします。スマホを使った操縦や空撮を楽しむことができますが、FPVも可能です。FPVとはFirst Person View(=一人称視点)のことで、飛行機内蔵のカメラ映像を見ながら操縦する技術のことです。この技術によってドローンの目線をリアルタイムに体感できます。さらに別売りのフライトレコーダーを追加することでAR DRONE 2.0にGPS機能をつけられます。 GPS機能をつけることで地図上でドローンの動きを制御することができます。

飛行時間 12分(Power Edition:18分)
充電時間 90分(Power Edition:150分)
カメラ 内蔵 1280×720
操縦方法

専用アプリ

「Free Flight」Android/ iPhone

FPV 可能
GPS 追加可能

 

『AR DRONE 2.0』の後継上位機 Parrot『Parrot Bebop Drone』

Parro社『AR DRONE 2.0』の後継上位機です。サイズはバンパー装着時で330×380×36mm、重量は420gです。『AR DRONE 2.0』の機能を受け継ぎ性能進化させたモデルです。スカイコントローラ付きのモデルが選べるようになり、飛行範囲を2kmまで拡張、リアルな操縦体験ができるようになりましたが、1550gと軽くはありません。これにスマートフォンやタブレットを装着するので総重量で2kg弱になりますが、Amazonのレビューによるとコントローラ付属モデルをおすすめする方が多いようです。ただし、スカイコントローラ付属セットだとAmazon価格で17万円以上します。 

飛行時間 バッテリー2個で22分
充電時間  不明
カメラ 内蔵 1400万画素魚眼レンズ
操縦方法

専用アプリ

「Free Flight」(Android/ iPhone)

スカイコントローラ

FPV 可能
GPS 内蔵

1万円前後のドローン

ここまではドローン初心者には手の出しづらいドローンばかりでしたが、調べてみると手の届きやすい低価格機もありました。

スマホ操縦可能な入門ドローン Parrot『Rolling Spider』

パロット ミニドローンズ ローリング スパイダー レッド

パロット ミニドローンズ ローリング スパイダー レッド

 

Parrot社のドローンがAmazon価格で13800円です。通信距離が20m以内、190×170×170mm、65gの小型サイズながら、スマートフォンでの操縦、カメラ内蔵(下向き、30万画素)、宙返りなどアクロバティックな動きもできます。ドローン入門機として必要最低限の機能だけを搭載したドローンです。このくらいの価格ならとりあえず買ってみることもできそうです。

飛行時間 8分
充電時間  不明
カメラ 内蔵 30万画素
操縦方法

専用アプリ

「Free Flight」(Android/ iPhone)

FPV なし
GPS なし

 とりあえず空撮を体験できる Hubsan『X4 HD』

Hubsan X4 HD (ワインレッド) H107C-1

Hubsan X4 HD (ワインレッド) H107C-1

 

Hubsan社のドローンです。Amazon価格で1万円前後で変えます。手の平サイズの小型ドローンですが、200万画素HDカメラを内蔵しており、付属のマイクロSDカードを挿してすぐに空撮を楽しめます。

飛行時間 約6分
充電時間 約40分
カメラ 内蔵 200万画素
操縦方法

専用送信機

FPV なし
GPS なし

Hitec『 Weekender Q4i』 

Weekender by HITEC Q4i HD200 RTF (2.4GHz 4ch クアッドコプター) ブルー 61053

Weekender by HITEC Q4i HD200 RTF (2.4GHz 4ch クアッドコプター) ブルー 61053

 

Hitec社のWeekenderシリーズのQ4iです。Amazon価格で1万円をきっています。ローター直径106mm、サイズは付属のビックホイールをつけても150×150×150mm、64gという手の平サイズです。充電時間60分、飛行時間5~7分となっています。HDカメラ1280×720内蔵。こちらは専用のコントローラで操縦するタイプです。

飛行時間 約5~7分
充電時間  約60分
カメラ

内蔵

HD動画対応

操縦方法

専用送信機

FPV なし
GPS なし

最後に、ドローンからの身の護り方『Drone Survival Guide』

最後に一つ紹介しておきたいのが、第18回文化庁メディア芸術祭の受賞作品に選ばれたドローン関連の作品です。『Drone Survival Guide(無人航空機サバイバルガイド)』というタイトルです。メジャーな偵察機の種類とそれらの偵察から逃れる方法を紹介しています。無人航空機が身近な存在になる将来が予測されるため、それらに慣れ親しむために作られた、とのことです。軍用無人偵察機・攻撃機は、比較的平和な日本では身近にないモノなので新鮮に感じられ、興味深かったです。今はまだ日本でドローンが悪用されるケースは少ないのですが、これから増えてくることが予想されます。もしかしたら盗撮、無人爆撃などに悪用されるかもしれません。その時には自分の身は自分で護るためにもこのパンフレットのことを覚えておきましょう。

f:id:marc6:20150424235551j:plain

f:id:marc6:20150424235558j:plain

www.dronesurvivalguide.org

 

まとめ

ドローンの基礎知識、消費者向けドローン、ドローンからの身の護り方について調査しました。空撮だけを体験するのであれば1万円以下でもドローンを購入することが可能です。ただしスマホ操作、FPV、GPSによる自動操縦などの機能はついていないことがあるので、しっかり調べましょう。

  • とりあえず安く空撮体験したい ⇛ Hubsan『X4 HD』
  • 安くスマホ操作で空撮したい ⇛ Parrot『Rolling Spider』
  • スマホ操作でFPVを体感したい ⇛ Parrot『AR DRONE 2.0』