Ebony and Ivory

好きなことを好き勝手に書き散らかすブログです。

知らないと損する東京近郊美術館の年間パスポート

久しぶりのブログ更新になります。半年ほど放置していたら、年度末を迎えつつあります。ネタばかり溜まっています。アウトプットしないといけないですね。

そんなこんなで季節は春を迎えつつあります。春といえば芸術の春(?)、というわけで今日は僕が好きな美術館の年間パスポートについてご紹介します。年度初めに一年間有効のパスポートを販売する美術館もあるのでこのタイミングで調べてみました。

年間パスポートというとディズニーリゾートを思い浮かべるかもしれませんが、各美術館も様々な年間パスポートのプランを設けています。美術館によって年度初めからの有効期間を設けている美術館もあります。よく通う、近所にある、といった方はこの機会に購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

・東京都庭園美術館

美術館名 東京都庭園美術館
販売開始日 2016年4月1日(金)
有効期間 2016年4月11日(月)~2017年4月9日(日)
料金 4,000円(税込)
サービス内容 ・無料で入館(同伴1 名まで)
・ミュージアムショップとカフェの料金が5%引き(本人のみ・書籍を除く)

 まずは僕の一番好きな美術館の一つでもある東京都庭園美術館の年間パスです。JR目黒駅かた徒歩10分弱のところにあります。立派な本館と庭園は一度訪れた方なら気に入ると思います。

そんな庭園美術館の年間パスポートは4000円で購入可能です。展覧会の観覧料が一般1100円するので、年間で4回以上いけばお得になります。同伴者も一人まで無料なので2回行くだけでお得になります。ただし、販売開始日が2016年4月1日(金)からで、枚数限定なので、なくなり次第販売終了となります。また、一人あたりの購入枚数が5枚と制限があるようです。庭園美術館がお好きな方はお早めの決断をおすすめします。

※2016年4月7日(木)段階ではまだ販売中でした。

東京都庭園美術館|TOKYO METROPOLITAN TEIEN ART MUSEUM|

 f:id:marc6:20160329001902j:plain

・原美術館

美術館名 原美術館
有効期間 発行日から1年間
料金 1年会員:10800(初回のみ+入会金2160円)
3年会員:30000円(入会金なし)
学生   :5000円
※賛助会員あり。
サービス内容 ・1年間(もしくは3年間)有効の会員証を1枚発行
・会員証のご提示により、会員とゲスト2名の入館無料(学生会員はご本人のみ)
・両館で開催する展覧会のご案内と企画展のオープニングレセプションへのご招待
・イベント(レクチャー、ワークショップ、パーティー等)の先行案内と特別料金での参加
・会員証のご提示により、ザ・ミュージアム ショップ、オンライン ショップにて10%割引
・E-mailでの情報発信(希望者のみ)

次に紹介するのは原美術館の年間パスポートです。原美術館本館はJR品川駅から徒歩15分ほど、京急の北品川駅からは徒歩10分弱のところにあります。僕はまだ訪れたことはありませんが、別館が群馬県にあります。会員料金が若干高めですが、2つの美術館に入り放題になります。

個人的には原美術館の展示はそこまで好みではありませんが、併設のカフェに入館料を払わずに入れる点は重要なメリットです。さらに、原美術館の会員になると、オープニングレセプションに招待されるようです。原美術館は年間で3~4つの展覧会を行うので、それだけのチャンスがあります。普段参加できないイベントへの参加権が得られる点も原美術館の会員権(年間パスポート)の特徴です。

 Hara Museum Web

 

・森美術館

美術館名 森美術館
有効期間 発行日から1年間
料金 6,000円(税込)
サービス内容 (1) 1年間何度でも、森美術館と東京シティビュー、スカイデッキに無料で入館が可能
(2) 専用カウンターのご利用で混雑時には優先入場可
(3) ご同伴者5名様まで優待料金(一般1,800円→1,500円、スカイデッキは追加料金なし)にて入館可
(4)ミュージアムショップ、カフェ&レストランのお会計が10%OFF(※一部対象外品あり。)

次は森美術館です。森美術館は六本木ヒルズ森タワーのの53階にある美術館です。日本で最も高層階にある美術館ではないでしょうか。そんな森美術館の年間パスポートは意外と安く6000円です。しかもこのパスポートで六本木ヒルズの展望台であるシティビューと屋上のスカイデッキに無料で入館できるようになります。通常料金でも一般1800円するので、年に数回登る方なら年間パスポートを買った方がお得です。デートで展望台に行くのが好きな方にはとてもおすすめですね。

また、上の表には記載していませんが、森美術館は年間パスポートと別にメンバーシップ・プログラム(MAMC)を実施しています。フェロー(22000円)とベネファクター(44000円)の2つのコースがあり、年間パスポートよりも手厚いサービスを受けることができます。サービスの例をあげると、展覧会オープニングレセプション、各種イベントへ招待されたり、六本木ヒルズのアカデミーヒルズが年間3回まで利用できたり、グランドハイアットの宿泊優待を受けることができたり、と様々です。

森美術館|メンバーシップMAMC

 

森美術館

 

・根津美術館

美術館名 根津美術館
有効期間 申し込みから一年間有効
料金 8000円+入会金3000円
サービス内容

・入館無料

・展覧会ごとに招待券プレゼント

・ミュージアムショップでの買い物10%オフ

根津美術館です。根津美術館は青山にあり、地下鉄表参道駅から徒歩10分弱のところにあります。日本庭園が立派な和風美術館です。大きさの割には年間パスポート(根津倶楽部)が高く感じます。根津美術館は年間で展覧会を7回程度行うので、毎回行くようなファンの方なら購入必死です。僕はそこまで根津美術館には行かないので購入を見送ります。

f:id:marc6:20160329001636j:plain

根津美術館

 

まとめ

東京近郊のおすすめ美術館の年間パスを紹介しました。美術館によっては同伴者も無料になるので年間で数回行くだけでお得になるパスもありますね。入館無料だけでなく、展望台の入場や、レセプションパーティーに参加できたり、様々なお得が詰まっています。この機会に是非購入を検討してみましょう。