読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ebony and Ivory

ライフハックネタを中心に好き勝手に書き散らかすブログです。[ライフハック/グルメ/コーヒー/ガジェット]

1ヶ月、30時間、独学で日商簿記3級取ったので勉強方法をまとめる

仕事の関係で簿記検定をとることになり、まずは簿記3級からチャレンジしました。僕なりの合格までの勉強方法を紹介します。簿記とは縁のない人生を過ごしてきたので同じ境遇の方の助けとなれば幸いです。

概要

 まず、簿記検定について。簿記検定はいくつかの団体が実施していますが、日本でメジャーなのは日本商工会議所が実施している日商簿記です。一般的に簿記○級といえばこの日商簿記のことを指します。次に日商簿記には1~4級があります。僕が受験した3級の内容は、商工会議所のHPにはビジネスパーソンに必須の基礎知識、中小企業や個人商店の経理事務に役立つレベルと書かれています。難易度としては2級が商業高校で修得するレベルとのことなので難しい内容ではありません。十分に勉強時間を確保できれば合格可能です。 時間時間を十分確保できればと言いましたが、僕の場合は勉強期間が1ヶ月、合計時間で30時間くらいでした。

合格までの勉強方法 

基本的な勉強の流れは①テキストを読む、②問題演習、③過去問となります。

僕の場合は本格的な学習に入る前にまずはこの本で簿記の概要をつかみました。マンガを交えて簿記のことを学べるので簿記に全く縁のなかった方、ボキって何?おいしいの?という方にはおすすめ。ブックオフで50円で購入。掛かった時間は約4時間。 

すいすい♪簿記 マンガみてGO! 日商3級【第2版】

すいすい♪簿記 マンガみてGO! 日商3級【第2版】

 

 

 テキスト 

読み終わったら次はテキストに移ります。目的は問題を解きながら出題範囲の学習を行うことです。僕は一度テキストを読んでから練習問題を解く、この流れで一章ずつ学習しました。ちなみに使用したテキストはこちら↓。内容はテキストと問題集、チェックテストが一回分入っています。簿記3級レベルであれば特にどのテキストでも問題ないと思います。大切なのは一冊のテキストをしっかり学ぶことです。 掛かった時間は約20時間。

スッキリわかる 日商簿記3級 第8版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記3級 第8版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

 

 

 過去問

テキストを使って出題範囲を一通り学んだら、過去問を解いていきます。主な目的は出題範囲の理解を深めること、出題形式に慣れること、の2つです。上記のテキストの最後にチェックテスト(模擬試験のようなもの)がついていますが1年分しかないので足りません。過去問集を手に入れましょう。過去問は3年分やりました。必ず時間を計ること、本番用の電卓を使う等、実戦に近い形式でやりましょう。簿記3級は出題形式が毎年似ているので過去問を解いておくとスムーズに本番に入れます。掛かった時間は過去問3年分で約6時間。

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '17年2月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '17年2月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

 

 

学習時間

合計で掛かった時間は約30時間でした。僕は1日1~2時間の学習を1ヶ月続けました。用事のある日は勉強できませんでしたし、仕事後の学習だったのでこのペースで勉強しました。

勉強時間の作り方

社会人の方だとそもそも勉強時間を確保することが難しい人もいます。僕のおすすめの勉強時間の作り方はカフェを使うことです。ネットでは有料自習室とか言われているようです。飲み物一杯のお金を払って集中できる環境を得ます。自宅では誘惑が多いからか、学生のころと変わり、自宅で勉強できなくなっていました。公共の図書館などどこでも良いので集中かつ継続して勉強できる環境を作ることも合格への第一歩となります。    

本番を迎える前に

試験に関する大切な事項を列挙しておきます。

・試験は6月、11月、2月の年3回実施
・申し込みは試験日の約2ヶ月前から可能。試験日の1ヶ月前の月末に締め切り。
・試験時間は120分。合格基準は7割以上。
・本番の持ち物
  • 受験票
  • 身分証明書
  • 筆記用具(鉛筆、シャーペン、消しゴム)
  • 電卓(※関数電卓は使用不可)
  • 時計

 

電卓について

遅くとも本番2週間前には電卓を手に入れ、電卓を叩いて問題を解く練習をしておきましょう。僕は試験本番3日前に手に入れました。テキストの問題は暗算でできてしまうので電卓を使うことを怠りがちですが本番を想定すると大切です。簿記3級レベルであれば四則演算ができれば良いのですが新しく購入する場合は下記を満たす電卓がおすすめです。

・12桁表示
・ある程度の大きさ
・キーロールオーバー対応
・あった方が良いキー
  • 「メモリーキー(M+,M-)GTキー
  • 「00キー
  • 「桁下げ(→ or ▷)キー
  • 「+/-(サインチェンジ)キー」

 

 

まとめ

1ヶ月30時間の独学勉強で簿記3級を取得した際の勉強方法をまとめました。

1冊のテキスト、過去問演習をいかに集中して実施し、わからない部分を無くすことができるか、が合格への近道だと思います。社会人の方は時間の作り方も難しくなってきます。参考になれば幸いです。