Ebony and Ivory

好きなことを好き勝手に書き散らかすブログです。

マカオ「Wynn Palace」宿泊レポート 2017年2月

2017年2月にマカオに行ってきましたので宿泊したWynn Palace(ウィンパレス)のホテルレポートをします。オープンしたばかりのホテルだからかネット上にレポート記事が少なかったです。記事の下の方は写真をたくさん載せたのでこれからマカオに行く人の参考になればと思いました。

ラスベガスに行ったことのある人はご存知かもしれませんが、ウィン・リゾート社が運営するホテルの一つです。「Wynn」の名前を関する5つのホテルの内の1つです。その中でも2016年8月にオープンしたばかりの一番新しいホテルになります。

僕はラスベガスのWynn Encore(ウィン・ラスベガス アンコール、2008年12月オープン)には違いが気になるところでした。

総評

良かった点

・綺麗、清潔

2016年8月オープンなので当然ですが綺麗です。潔癖傾向のある日本人には評価ポイントかと思います。

・人が少ない

館内が混雑しておらず、歩く際のストレスが小さく、レストランで待たなくて良かったです。同じコタイエリアにあるヴェネチアンと比較すると観光客の数が全然違います。ヴェネチアンは日本で言うと竹下通り並の混雑具合でした。

・館内の食事がおいしかった。

僕のような貧乏人でも入れる1食1000円~3000円程度のレストラン、カフェがあり、しかも味も値段相応で良かったです。

・噴水ショーがきれい。しかもゴンドラに乗れる

ホテル前で15分間隔で実施される噴水ショーが一見の価値ありです。

 

残念だった点

・館内の歩く距離が長い。館内で広いため。

28階建て、約1700室を保有するホテルなので仕方ありませんが、1フロアが広くかなりの距離を歩かされます。客室までも歩かされますし、方向感覚がつくまでは道に迷います。

・近くの商業施設までは徒歩移動できない。

ホテルの目の前にあるシティ・オブ・ドリームスやMGM(2017年第4四半期開業予定)までも歩くと15分以上かかると思います。タクシー移動が基本になります。ちょっと軽食したい時に移動するのが面倒な人はホテル内の飲食施設を利用するしかありません。

・近隣が工事中

ホテルの前の通りが工事中なので景観を損ねています。早く工事が終わることを願っています。

・客室内ミニバーの自動チャージ

冷蔵庫内のモノを動かすだけで自動でチャージされます。ラスベガスのWynnと同じでした。チェックアウト時にしっかり使っていないことを伝えましょう。面倒です。

場所

ホテルはマカオの中でもコタイ地区にあります。タイパフェリーターミナルから無料シャトルバスで10分程度で着きます。マカオ国際空港からも車で10分程度の距離です。

コタイ地区は近年開発を進めているエリアです。IR(Integrated Resort)と呼ばれる統合型リゾートホテルがたくさん並んでいます。

館内マップ

ホテル館内の壁面情報パネルの写真ですが、館内マップを追記しておきます。(2017年10月)カジノを中心に、ブランドショップ、レストランが周りを取り囲む構造になっています。

f:id:marc6:20171015152912j:plain

館内写真

・外観

夜の写真ですが、ギラギラしています。

噴水ショーの最中です。写真右上にあるゴンドラは6人乗りでこの人工池の周りを周遊しています。宿泊客にはチケットが配られるので1回は無料で乗れます。通常は日本円で1500円くらいだったと思います。

f:id:marc6:20170311200448j:plain

・客室

・ベッド

客室はとても綺麗で清潔でした。清掃も十分なレベルと思います。下の写真はキングサイズベッドの写真です。部屋によって内装の色が異なるようです。

 f:id:marc6:20170311195452j:plain

 

・ベッド脇 

ベッド横に室内設備を調整するためのタブレット、スピーカ等が置かれています。

f:id:marc6:20170311195542j:plain

 

・電源プラグ

BF・Bタイプで220Vです。ただ、USB端子があるのでUSB給電可能な機器であれば充電可能です。WiFiも当然無料で接続できます。通信速度も気になりません。

f:id:marc6:20170311195549j:plain

・洗面台

洗面台が2基ついています。写真ではわかりませんが、正面のガラスの真ん中に液晶ディスプレイがついています。TV、映画、音楽を利用できます。

f:id:marc6:20170311200028j:plain

・バス 

バスタブもついています。シャワーの温度、水圧共に問題なしです。

f:id:marc6:20170311195648j:plain

 ・トイレ

トイレもきれいですが、当然ウォッシュレットはついていません。なぜウォッシュレットは世界に普及しないのか。

f:id:marc6:20170311195753j:plain

・マッサージルーム

 客室内にマッサージ用の部屋と簡易ベッドがあります。利用はしませんでしたが、スペースを持て余しています。

f:id:marc6:20170311195511j:plain

 ・ミニバー

 ミニバーの料金表です。ボッタクリ価格なので使いませんでしたが。上述しましたが、冷蔵庫内のものを動かすだけでセンサーが働いて自動でチャージされます。

f:id:marc6:20170311195601j:plain

ホテル内飲食

・ラーメン「HANAMI RAMEN」

ラーメン屋が入っている海外のホテルを初めて見ました。きれいなカウンターで食べられます。味は特に特徴のない普通の醤油ラーメンです。日本の2~3倍ほどの値段で食べられます。

f:id:marc6:20170311200740j:plain

f:id:marc6:20170311200521j:plain

・スターバックス

スターバックスのコンセプトショップが入っています。内装が豪華仕様です。提供されているドリンク、フードは通常のスターバックスです。

f:id:marc6:20170311200548j:plain

f:id:marc6:20170311200553j:plain

・中華麺「99 Noodles」

24時間営業しているカジノ併設のカフェです。セットメニューがあったりと頼みやすいです。下の写真はセットです。若い女性店員さんに辛いけど大丈夫?と聞かれ、大したことないと高をくくっていましたが激辛でした。

f:id:marc6:20170311200601j:plain

 ・「Red 8」

 こちらも24時間営業しているカジノ併設のカフェです。炒飯等の中華メニューが頼めます。頼んだ料理は全部おいしかったです。

f:id:marc6:20170311213534j:plain

f:id:marc6:20170311213543j:plain

f:id:marc6:20170311213552j:plain

館内

・ロビー

ロビー、通路には気合の入ったモニュメントがたくさん置かれています。

f:id:marc6:20170311200653j:plain

f:id:marc6:20170311200715j:plain

f:id:marc6:20170311200901j:plain

・廊下

きれいで良いのですが、廊下もかなり長く歩かされます。

f:id:marc6:20170311200811j:plain

f:id:marc6:20170311200827j:plain

  まとめ

 マカオ旅行にて「Wynn Palace」に宿泊しました。綺麗、清潔なのはもちろんのこと、カジノ、食事、噴水ショーも楽しめる良いホテルでした。夏に行ければプールも楽しめます。これからマカオ旅行に行かれる方の参考になれば幸いです。

D33 地球の歩き方 マカオ 2016~2017

D33 地球の歩き方 マカオ 2016~2017

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 こちらもどうぞ↓