Ebony and Ivory

好きなことを好き勝手に書き散らかすブログです。

マレーシア パンコール ラウ リゾートへの行き方

f:id:marc6:20180831005302p:plain

2018年の初頭に念願のマレーシアのパンコール ラウ リゾート(Pangkor Laut Resort)に行ってきました。前々からリゾート雑誌を見て行きたかった場所です。

パンコール ラウ リゾートはマレーシアのパンコール島(Pulau Pangkor)の横にあるパンコール・ラウ島(Pulau Pangkor Laut)にある高級リゾートです。宿泊者のみが入島できるプライベートアイランドになっており、1島1リゾートの先駆けとなったリゾートと言われています。

www.pangkorlautresort.com

 

行き方

パンコール島、パンコール・ラウ島への直行飛行機はありません。日本から向かう場合、飛行機で行けるのは首都であるクアラルンプールまでになるので、クアラルンプールから車とフェリーを乗り継いて行くことになります。今回はクアラルンプール市街からバス、タクシー、フェリーで行ってきました。直線距離にして約150~170km、交通機関を乗り継いで4~6時間程度掛かります。全体の行程は下の1~3となります。

1.バス:クアラルンプールTBS → ルム(Lumut)
2.タクシー:ルム(Lumut) → マリーナアイランドパンコール(Marina Island Pangkor)※パンコールラウ島宿泊者専用のフェリー乗り場
3.フェリー:マリーナアイランドパンコール(Marina Island Pangkor) → パンコール・ラウ島

 

地図で示すと下図1のようになります。赤枠の詳細図は図2としてさらに下に載せます。

f:id:marc6:20180827190158p:plain

図1 クアラルンプール~ルム、パンコール・ラウ島

 

f:id:marc6:20180827190338p:plain

図2 ルム~パンコール・ラウ島 詳細図

 

図1,2を見れば全体行程のイメージが湧くことかと思います。ここからは各行程の補足説明をしていきますが、最初に考えておかないといけないことがあります。それはパンコール・ラウ島に向かうフェリーの時間です。詳細は後ろに記載しますが、1日4便しか出ていません。最終便は20時ですが、便毎の間隔が空いているので計画的に行程を計画しないとフェリー乗り場で長時間過ごすはめになります。最悪の場合フェリーを乗り過ごすことになります。乗り過ごした場合はAM7:00~PM9:00まではMYR500、PM9:00~AM7:00はMYR700でフェリーをチャーターすれば移動できるかもしれません(日本円で約13,000~20,000円)。

 

1.バス:クアラルンプールTBS → ルム(Lumut)

まずはクアラルンプールのTBS(バス ステーション)からルム(Lumut)行のバスに乗ります。TBSのチケット売り場でルムまで行きたい、と伝えれば何番乗り場で何時何分出発のバスか教えてくれます。1時間に数本は出ていると思いますがここは調べてください。バス乗り場はチケット売り場の下のフロアにありますが、案内に従って行けばわかると思います。エスカレータ前でチケットのチェックされるので安心です。料金は片道27RM(=約700~800円)、ルムまではバスに乗ってから大体4時間くらいかかります。あとはルムに着くまでバスから車窓を楽しみましょう。最初は高速道路を通りますが、途中から下道になります。

 

2.タクシー:ルム(Lumut) → マリーナアイランドパンコール(Marina Island Pangkor)※パンコールラウ島宿泊者専用のフェリー乗り場

4時間前後の行程を終え、無事にルムに到着しても安心してはいけません。ルムにフェリー乗り場がありますが、ここからフェリーに乗ってはいけません。

パンコール・ラウ島に行くためにはルムから車で15分ほどにあるマリーナ アイランド パンコールという宿泊者専用のフェリー乗り場に行く必要があります。ルムにはパンコール島(ラウ島ではない方)行きのフェリー乗り場があるので間違えないようにしてください。

ルムから宿泊者専用のフェリー乗り場まではタクシーで向かうしかありません。タクシーを捕まえて向かいましょう。

 

ちなみに、僕はルムまで行かずに手前のバスステーションであるStesen Bas Seri Manjung(Manjung バスステーションという意味、写真1)で降りて、そこからタクシーでマリーナ アイランド パンコールに向かいました。その方がルムを経由する必要ないので15分程度時間を短縮できます。バスステーションの前にはタクシー屋があるのでそこでタクシーを頼めます。たかが15分ですが、高速バスが予想以上に時間がかかり、後述のフェリーの出発時間ぎりぎりになっていたので急ぎました。

ちなみに、帰りもこのバスステーションから帰りました。あるバス会社の時刻表を写真2に載せておきますが、1時間に1本くらいは出ています。他のバス会社も運行しているようだったので、もう少し本数あるかもしれません。

f:id:marc6:20180827190338p:plain

図2 ルム~パンコール・ラウ島 詳細図

 

f:id:marc6:20180830231737j:plain

写真1 Stesen Bas Seri Manjung

 

f:id:marc6:20180830231721j:plain

写真2 Stesen Bas Seri Manjung - TBS 時刻表

 

  3.フェリー:マリーナアイランドパンコール(Marina Island Pangkor) → パンコール・ラウ島

先述しましたが、フェリーの定期便は往復共に1日4便しか出ていないのでフェリーをチャーターしない方はうまく時間を合わせる必要があります。時刻表は下に記載しておきます。マレーシアに慣れている方でない限りは明るいうちに移動しておきたいので、往路は3pm、遅くとも4:30pmには間に合うようにすることをおすすめします。

 

マリーナ アイランド パンコールのフェリー時刻表

From Marina Island Pangkor From Pangkor Laut Resort
1pm 8.45am
3pm 12pm
4.30pm 1.30pm
8pm 5pm

僕の場合はクアラルンプールTBSを11:00amくらいに出発しましたが、フェリー乗り場についたのは4:10pmくらいでした。割とぎりぎりだったので焦りました。

僕が参照したガイド本(地球の歩き方)にはバスが4時間程度、と書かれていましたが、実際は5時間くらいかかりました。道路の混雑状況等で変わると思うので、余裕を持って移動しましょう。

無事に目的のフェリーの出発時間までにマリーナアイランドパンコール(Marina Island Pangkor)に着いたらもう安心して良いです。ここからはパンコール ラウ リゾートの敷地なので、おもてなしが始まります。

受付兼フェリーの待合所の様子は写真をいくつか載せておきます。ここでウェルカムドリンクと共に受付を済ませ、フェリーの時間を待ちます。

島内の紹介は次回に回します。

f:id:marc6:20180830232015j:plain

 

f:id:marc6:20180830232028j:plain

 

f:id:marc6:20180830232052j:plain

 

f:id:marc6:20180830232059j:plain

まとめ

マレーシアのビーチリゾートであるパンコール ラウ リゾートへの行き方をまとめました。行くまでの行程が長いリゾートなので役に立つと思います。


D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2018~2019