Ebony Ivory お金と副業と時々旅行

節約、節税、資産運用、副業、マイル、ポイント、旅行、グルメ、珈琲、ガジェットについて書く雑記ブログです。

SnapBridgeの機能紹介 2019年7月版

f:id:marc6:20190816110818j:plain

 Nikonユーザの皆様、SnapBridgeを使っていますか?僕は最近キャッシュバックキャンペーンを利用してZ6を買ったのでバンバン使ってます。この記事ではSnapBridgeでできることを解説しています。この記事を読めばSnapBridgeが使いこなせるようになっていると思います。

そもそもSnapBridgeとは?

SnapBridgeとはカメラとスマートフォンをつなぐことができるNikon純正のスマートフォン向けアプリの名称です。以前は接続性や操作性で全く使えないアプリでしたが、今(2019年7月現在)は状況が全然違っておりかなり使えるアプリになっています。

何に使うの?

主に下記の用途に使います。写真をSNSにアップロードしたり、LINE等のメッセージアプリで友人と共有したいというニーズに対応しています。

  • カメラからスマホに画像転送
  • リモート撮影
  • 画像をクラウドにアップロード

SnapBridgeでできること

スマホへの画像の自動転送

Bluetoothを使ってカメラで撮った画像を自動でスマホに転送する機能があります。カメラで撮った画像をすぐに友人と共有したり、SNSにアップロードできるため最もニーズの多い機能かと思います。

使い方

使い方は簡単で、カメラ、スマホをBluetoothで接続した上で、SnapBridgeアプリから下記画面のように自動連携、自動転送をONにしておけば良いです。(事前のペアリング作業は済んでいる前提)

f:id:marc6:20190718220543p:plain

2M画像自動転送

アプリ側から自動転送機能をONにした上で、スマホのBlutoothをONにしておくとカメラで撮った画像を2Mサイズに圧縮してスマホに転送しておいてくれます。スマホサイズの鑑賞なら2Mサイズで十分ですし、転送速度も大体1~2秒/枚です。

BLE通信のため省電力

BLE(Bluetooth Low Energy)通信を採用しています。その名の通り省電力で運用できます。

カメラ電源OFF時も継続して転送してくれる

カメラ本体側の設定でカメラ電源をOFFしてもBluetooth通信を継続するようにできます。設定しておくとカメラ電源OFF時にも画像転送を継続してくれます。カメラ電源ON/OFFを気にせずに写真撮っている間に勝手にスマホに転送してくれています。

スマホへの画像の任意転送

WiFiを使うことでカメラで撮った元サイズの画像を転送することもできます。WiFiは上述のBluetoothより転送速度が速いため大容量のデータを転送する時に向いています。一方で消費電力が大きいため常時接続には向いていません。
使い方
アプリ側から「画像取り込み」を選択し、今度はWiFiでカメラとスマホを接続します。
あとはアプリ側から転送したい画像を選ぶだけです。

f:id:marc6:20190718221154p:plain

クラウドサービス NIKON IMAGE SPACEへの自動/手動アップロード

自動アップロード
SnapBridgeからの2Mサイズ画像限定になりますが、枚数・容量無制限にNIKON IMAGE SPACEに自動アップロードができます。※ NIKON IMAGE SPACEへの登録はもちろん必要です。
アプリ側の設定ではクラウドへのアップロードのON/OFF、アップロードタイミングをWiFi接続時のみか、それ以外のネットワークでも行うか、を選択できます。
カメラからスマホへのBluetooth自動転送と組み合わせることでスマホからクラウドまでの転送が全て自動でできます。

 

f:id:marc6:20190718222339p:plainf:id:marc6:20190718222539p:plain

手動アップロード

手動でもアップロードできますが、 SnapBridgeアプリからNIKON IMAGE SPACEを立ち上げてアップロードする画像を選択することになります。当然ですが、NIKON IMAGE SPACEの容量を使用します。 

その他にできること

今回は割愛しますが、他にもスマホを使った各機能が盛り込まれています。

・リモート撮影

・時刻同期

・位置同期 

まとめ

この記事ではSnapBridgeのこと、SnapBridgeの主要機能について記載してきました。SnapBridgeを使いたくなるユーザが一人でも増えれば幸いです。

  • SnapBridgeとは?

  • SnapBridgeでできること

番外編:NIKON IMAGE SPACEへの製品登録

NIKON公式の写真共有クラウドサービスであるNIKON IMAGE SPACEへの登録は無料でできます。無料で2GBまでの容量を使うことができます。ニコン製品保有者は製品登録することで20GBまで容量が拡張されます。
メインのバックアップとしては心許ない容量ですが、上述した2Mサイズの自動転送に特化すればそこそこの容量になります。単純計算すると20GB ÷ 2MB = 約10000枚になります。